世の中のシングルマザーに伝えたい節約術

近年の日本では女性も社会に進出し、仕事をしながら子育てもするという女性が増えてきました。
当たり前ですが、子供を産むことは女性にしかできない大業です。
出産の痛みは男性には耐えられないと言いますからね。
そんな大業を乗り越えたにもかかわらず、子育てをしながら仕事をしている世の中の女性はすごいと思います。
私見ですが、シングルマザーの割合も結構多いように感じます。
でも、シングルマザーの場合、子育て、家事、仕事をすべてこなすのはほぼ不可能といっていいでしょう。
だから、実家に頼らざるをえないのが現状のようです。
実家なら家賃もかかりませんので、かなり節約することができますよね。
さらに、水道光熱費の基本料金や食事代もかなり節約できるはずです。
でも、世の中にはたった一人で奮闘しているシングルマザーもいるはずです。
誰の助けもなく、一人で育児、家事、仕事をこなしている女性には感服します。
こういう女性には本当に幸せになってもらいたいと思いますが、同時に心配の面もあります。
それはやっぱり健康面です。
育児、家事、仕事をしていると休む暇がありませんよね。
だから、睡眠時間も短くなってしまいがちです。
睡眠時間が短くなってしまうと、体のあちこちで異常をきたすようになります。
自覚症状がある異常ならまだマシですが、自覚症状がない場合もあります。
そして、気づいたときにはもう手遅れという場合も。
そんな悲惨な状況にならないためにも、日々の健康管理はとても大切になります。
まずは睡眠時間をしっかりととり、バランスのとれた食生活を心掛けることが大切ですね。
バランスのいい食事といえばやっぱり野菜ですよね。
野菜を多くとれば便秘解消にもつながります。
でも、普段の食生活で野菜をたくさんたべるのは至難の業です。
買ってくるのも大変だし、料理するのも大変。
そんなときは青汁を生活にとりいれてみるのも1つの方法です。
青汁は昔から健康的なドリンクとして知られています。
ただ、青汁は不味いというのが定番ですが、マイケアのふるさと青汁なら問題ありません。
抹茶のような味がするので、おいしく飲むことができるからです。
30包入りで3800円かかりますが、その分健康的になって医療費が抑えられると考えれば、むしろ節約になると言えるのではないでしょうか。
ちなみにふるさと青汁はドラッグストアやスーパーなど、店頭販売はされていません。
通販でしか買えませんのであしからず。
ふるさと青汁 店頭

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です